BEER VOLTA

サノバスミス バレルロンダリング / Son of the Smith BARREL LAUNDERING

サノバスミス バレルロンダリング / Son of the Smith BARREL LAUNDERING

【Area】 日本・長野
【Style】 Heritage Barrel-Aged Cider
【ABV】 7%
【ML】 330

-Brewer's Voice-
Apples: Porters Perfection, Chisel Jersey, Harry Masters Jersey, Tremletts Bitter, Yarlington Mill,
Dabinnet, Calville Blanc, Sharp & Sweet variety, etc.
Yeast: Wild Yeast
With: Homegrown Aging Cascade
Aged in: Chichibu Bourbon Barrel


バレルロンダリングは、伝統的醸造用品種を用いて木樽熟成を行ったヘリテイジバレルエイジドサイダーです。International Cider Awards 2021 の Open Class 部門にてシルバーメダルを受賞しました。数年をかけて試験栽培を行ってきたイギリス系の伝統的醸造用品種のみを生搾りし、野生酵母を含む 3種で主発酵。この全量を秩父蒸留所の 2nd Fill バーボンバレルで 13 ヵ月間熟成させチューニングを施しました。野生酵母由来の梅のような香りから始まり、口内の広がる程よい酸味のニュアンスとアフターに残る醸造用品種・木樽由来のしっとりとした渋味のバランスは、まるで上質なバニラチョコレートのよう。タンニンが豊富に含まれる液種ですが、とても軽やかで芳醇な口当たりに仕上げております。クラシックとニュースクールのハイブリッド。故きを温ね新しきを知ることで見えてくる日本の農的アプローチの道筋。それは、じっくりと時間をかけ、日本の四季の中で土壌に立ち、手間暇を惜しまず醸造用品種の栽培に真摯に向き合うことで生まれる、ものづくりのあり方そのものであり、次世代へ向けたまたひとつの提案です。
バレルロンダリングは数多あるリンゴの品種そのものの楽しさや醸造用品種の可能性を感じさせてくれるバッチです。それは、多くの先達や専門機関による技術開発・品種保存・研究活動の恩恵を受けて初めて完成した作品でもあります。

Brewer’s Note
バレルロンダリングは、イギリス系専用品種をメインに使用した Heritage Barrel-Aged Cider です。前回のバレルロンダリングと大きく違う点は、1りんご畑の野生酵母で主発酵したこと 2樽熟成した野生酵母発酵による生食用リンゴや熟成ホップを少量ブレンドしたことです。それ故に、液体の香りやフレーバー、酸味やタンニンの幅がより広がりました。リンゴやホップ由来のフラボノイド系化合物と、樽由来の非フラボノイド化合物のタンニンが多層になって舌上に現れてきます。(1)タンニンはアフターテイストに感じるので、口の中で転がしながら、様々な変化をご賞味ください。
(2)口中の唾液タンパク質(SalivaryProteins)と複雑な口腔感覚の分子メカニズムによって相互作用(3)した時、タンニンを認識することができます。(4)また、エタノール非存在下でタンニンと唾液を混合して得られたものは顕著に収斂性を感じることから、他の果実酒と比較してアルコール度数の低いサイダーはワインよりもタンニンを感じ易くなりま
す。カラメルやハーブ、フローラルなニュアンスがベースにあるので、ローストしたラム肉、ミルクチョコレートとのペアリングがオススメです。

BARREL LAUNDERING is a Heritage Barrel-Aged Cider made mainly from English exclusive varieties.
The main differences from the previous BARREL LAUNDERING are (i) the main fermentation was done
with wild yeast from apple orchards, and (ii) a small amount of mature hops with Modern style apple
variety from barrel-aged wild yeast fermentation were blended. Hence, the range of aromas, flavours,
acidity and tannins in the liquid is more extensive. Flavonoid compounds from apples and hops and
tannins from non-flavonoid compounds from barrels appear on the tongue in multiple layers. (1) The
tannins are felt in the aftertaste, so roll them around in the mouth and savor the various changes. (2)
You can recognise tannins when they interact (3) with salivary proteins (Salivary Proteins) in the
mouth by a complex oral sensory molecular mechanism. (4) In addition, the mixture of tannins and

3
saliva in the absence of ethanol is noticeably astringent, making cider, which has a lower alcohol
content than other fruit wines, easier to perceive tannins than wine. Because of the caramel, herbal
and floral notes in the base, pairing with roasted lamb and milk chocolate is recommended.

参考文献
(1) A. Versari, W. du Toit, G.P. Parpinello. Australian Journal of Grape and Wine Research. 2012, 19, 1.
(2) Bate-Smith, E. C. Astringency in foods. Food. 1954, 23, 124.
(3) Raúl Ferrer-Galego,Elsa Brandão, Mafalda Silva, Nuno Mateus, Victor de Freitas. J. Agric. Food Chem.
2016, 64, 7823.
(4) ELIAS OBREQUE-SLIER, ALVARO PENA-NEIRA, REMIGIO LoPEZ-SOLIS. J. Agric. Food Chem. 2010,
58, 3729.
型番 k330
販売価格 1,264円(税込1,390円)
購入数


Top